カードローンを借りるとき、年収を気にする人がいます。

もちろん年収が高い方が貸す方としても安心して貸すことができますが、そもそも年収が高い人がカードローンを利用するでしょうか?もちろん年収が高くても個々の事情でお金がないという人もいるでしょう。でも、カードローンに頼る必要のある人のほとんどは年収も低いのです。年収が低いからお金の工面が大変でカードローンに頼らざるをえないという場合の方が多いし自然な理由です。

だから、年収が低いから貸してくれないと気にすることなく、申し込んだ方がいいと思います。消費者金融や銀行はそんなお金に困ってる人に手を差し伸べるための会社ですから。

ただ、消費者金融の場合は、総量規制といって年収の3分の1までしか貸してはいけないという法律がありますから、年収が低い人は高い人に比べて借りれる金額は少なくなります。

実際、「いくらまで?」という疑問もあるでしょうから、シミュレーションをしてみることをオススメします。年収だけでなく職業や他社借り入れ状況、希望金額などで借りれるかどうか、借りれるならいくらまで借りれるかを簡単な入力でわかります。

→ 借り入れシミュレーション

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制について書きましたが、実は総量規制は消費者金融だけが対象です。消費者金融とはプロミスやアコム、アイフル、モビットなどが有名です。

それに対して銀行のカードローンは、総量規制の対象外です。だから、年収の3分の1までしか借りられないという制約はありません。だからといって、いくらでも貸してくれるというわけではなく、それぞれの銀行の内規で基準はあります。基準は一般的に公表されていないので銀行に聞いても教えてくれません。それに、借りる理由やその人の職業によっても基準は変わってくると思うので銀行の場合は実際に申し込んでみないとわからないことが多いです。

もし、年収の3分の1を超えるとか、あるいは、おまとめローンで複数の借金を1本化したいので年収の3分の1を超えてしまうという場合は銀行に相談した方がいいですね。

銀行カードローンも最近は消費者金融並みに宣伝をしているし、審査も早くなってきているので気軽に申し込んでみるといいですよ。シミュレーションをすると条件に合った銀行も一緒に紹介されるので便利ですよ。

→ 借り入れシミュレーション


年収よりも大事なこと

とある銀行のカードローンで以前、最低年収200万円と明確に基準を公表していたことがありました。しかし、それは今は無くなりました。これをどう見るかですが、年収200万以下でも審査によっては貸してくれる場合があるのか、あるいは年収の基準は公表してはいけないと金融庁に怒られたか分かりませんが、だいたいその辺りが借りれるかどうかの境目なのかと思います。

しかし、カードローンは消費者金融も銀行も年収よりも大事な審査基準があります。

それは、勤続年数です。

勤続年数が3年未満だとどんなに年収が高くても審査は厳しくなります。だから、たとえば年収150万でもパートでもう10年も勤務しているなんて人の方が審査は通りやすくなるのです。

なぜなら、勤続年数が長い=収入が安定していると見られるからです。収入が不安定な人に貸すことほど取りっぱぐれのリスクが高くなりますから貸す方としては勤続年数の長い人を好むわけです。

だから、もし転職しようとしているなら今のうちにカードローンに申し込んで将来の万が一に備えておくことをオススメします。カードローンは契約しても必ず借りなければいけないわけではないのでクレジットカードのように1枚つくっておいていざというときに借りるというのも賢い使い方です。

パートやアルバイトはどうか

パートやアルバイトは年収にしたら少ないですが、毎月安定した収入があれば借りれる可能性はあります。銀行より消費者金融の方が可能性はあると思います。

主婦は借りられる?

主婦もパートをしていれば消費者金融で借りれる可能性はありますが、専業主婦になると年収ゼロなので厳しくなります。消費者金融は専業主婦には一切貸してくれませんから、頼みは銀行になります。銀行は配偶者に安定した収入があれば貸してくれるところがあります。ただ貸してくない銀行もあるのでよく調べないといけません。シミュレーションで職業を「専業主婦」を選択すると専業主婦にも貸している銀行の候補が出るので自分で調べる手間が省けます。

→ 借り入れシミュレーション

ページの先頭へ